都島友の会の児童デイサービス

社会福祉法人都島友の会



都島友の会の児童デイサービスって?

児童発達支援

小学校就学前の幼児を対象に日常生活の自立支援や機能訓練を行ったり、保育園や幼稚園のように遊びや学びの場を提供したりといった障がい児への支援を目的にしています。

対象

1歳~就学前のお子さま。

子供達の絵

少人数の集団の生活の中で大人が仲立ちをしながら他児と関わる機会をもち楽しい経験を積めるようにします。

個々にあった課題に取り組み、”出来た”の経験を積み重ね、自己肯定感を育みます。

保護者も一緒に参加します。子どもの接し方を学んでもらう機会をもち、子どもと一緒に楽しい活動を共感することで、対人関係の基礎となる豊かな親子関係を育んでいきます。

児童発達支援のイメージ
あそびのねらい

児童デイサービスでは、いろいろな素材を使った感覚・感触あそびや体のさまざまな部位に刺激を与える運動あそびやおもちゃあそびをしています。
“この活動にはどういう意味があるの?”と感じられることもあると思います。
ここで、改めてそれぞれのあそびのねらいについてご紹介します。



放課後等デイサービス

児童生徒を対象とし、障がいのあるお子さんや発達に特性のあるお子さんのための福祉サービスです。学校の授業終了後や長期休暇中に通い、発達的視点のほか、自立に向けたさまざまな体験・経験を行います。

対象

小学校に通う発達に心配のある
お子さまや障がいのあるお子さま。

子供達の絵

集団生活に適応することが出来るよう、学習支援を柱に個々の児童の可能性を引き出していくことを目指します。

集団生活や日常生活の必要なスキルを、発達段階に合わせてさまざまな遊びを通して経験を積めるようにします。

個々にあった課題に取り組み、”出来た”の経験を積み重ね、自己肯定感を育みます。

似たようなニーズを持った子どもたちで、小グループを作り、SST(ソーシャルスキルトレーニング)や、様々な自立課題に取り組みます。一人ひとりに応じた支援の方法を考えていきます。保護者の方と子どもたちの支援の方法について一緒に考えます。※グループ療育は小学校低学年のお子様で、自閉症スペクトラム等の診断を受けた方で、知的障害を伴わず、かつ言葉の発達の遅れを伴わない方が対象です。

児童発達支援のイメージ

PAGE TOP

プライバシーポリシー