コロナ再び急増 通天閣や太陽の塔にサインが灯った
~With コロナ、ポストコロナの時代の中で~

新型コロナウイルスの感染が中国の武漢市で確認されたのは昨年の12月のこと。それは当初隣国とはいえ、どこかまだ遠くに起こった出来事のようでした。しかし武漢から瞬く間に中国全土に広がり、突然予想もせぬ姿で私たちの前に現れました。

コロナウイルスとは発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染するものはこれまで6種類あり、そのうちの2つは中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などの重症化傾向のある疾患の原因ウイルス、残り4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占めます。(※国立感染症研究所)

そして今回出現したのが、人に感染する7つ目の『COVID|19』と言われる新型コロナウイルスです。

日本で最初に感染確認されたのが1月16日。やがてダイヤモンド・プリンセス号での大量感染に始まり、誰もがここまで影響が出ることを予期していなかった気が致します(私もそうでした)。

東京や大阪でクラスター感染が起こり、感染者数は急増、2月27日、安倍晋三首相が新型コロナウイルスの感染拡大防止を理由に全国全ての小中高校と特別支援学校について3月2日から春休みに入るまで臨時休校するよう要請。さらに4月7日には東京や大阪で爆発的な感染拡大や医療の崩壊を防ぐために外出自粛などの要請を徹底する特別措置法に基づく緊急事態宣言が発令され、4月16日には全都道府県に拡大しました。まさに未曽有の事態です。

感染の拡大や医療の崩壊を防ぐため、「外出の自粛」「イベント開催の自粛」可能な限り在宅勤務(テレワーク)、時差出勤、営業自粛、移動制限…。三つの密(密閉空間・密集場所・密接場面)を避ける暮らしのあり方は、これまでの生活を一変させました。今まで普通にできていたことが、今はできません。そして世界全体が重苦しいムードに包まれていきます。多くの国でロックダウンや外出自粛要請が出され、世界の人々は自由を失いました。東京オリンピックの延期をはじめ、日々行われていた文化行事や音楽活動が延期や中止となり、小中高、大学といった教育機関、そして多くの施設が一時閉館になり、保育施設の利用についても、家庭での対応可能な場合には可能な限り、利用の自粛要請が出ました。

しかし、医療従事者、警察や消防といった社会機能の基本機関と同様、私たち法人の各施設や、そこで働く職員は、社会経済活動の維持のため、迫りくる感染拡大のニュースを耳に、不安を押し殺し奮闘、子どもたちや高齢者、ともに働く仲間を守り、その中で平時の日常を保つために日々必死に仕事をしてきました。まさに、社会福祉、社会福祉法人としての社会的役割や使命、その重要性に光が当たり、その存在意義の重さが顕わになった瞬間でした。

5月25日、緊急事態宣言が解除されました。学校では分散登校が開始となり、企業や事業所も少しずつ活動を再開し、法人各園、各施設にも子どもたちが戻り、高齢者の皆様の姿が見えるようなって徐々に日常生活を取り戻すように見えました。しかし7月には再び感染者が急激に拡大、大阪では8月に入ると感染者数が急増、重症者も「第1波」のピークを上回り、過去最多となりました(8月16日現在)。猛暑と共に気が抜けない辛い日々が続きます。

現在の感染拡大がどのようになるか分かりませんが、ワクチンや特効薬といった予防、治療法が確立されていない現状において、今後も第2波、第3波が来る可能性は常にあり、しかも感染を防ぎながら経済を回していくという綱渡的な事態の中で、コロナと共にある社会、共存していく体制を続けねばならないと思います。

今回の新型コロナウイルスに奪われたものは数多くありますが、得たもの学んだものもあります。その一つは、ただ恐れるのではなく、「正しく恐れる」ということです。誰もが経験したことのない状況です。こういう時には世の中が感情論に満ち、フェイクニュースやデマに気をつけなければなりません。そういったものに騙されることなく、出来るだけ一次情報(ソースとなる論文、オフィシャルサイトの情報など)を探し、それを読むことで真実の情報を得るように努力することが重要です。例えば今回、厚生労働省ではインターネットで新型コロナの詳細なデータを公表しています。正しい情報を知り、伝える、という役割・学びを覚えていきましょう。そういう作業をしていると何が本質かが見えてきます。私たちも厚生労働省からの通達を軸に、対策をし、判断の基準としています。そのような正しい知識を得、理解していくこと、それが結果として、子どもたちや利用者、そして職員や仲間を守ることになります。

あるいはまた今回のことで自らの生活や仕事、世の中の在り方をあらためて振り返る機会を得たように感じます。新型コロナウイルスが流行する前(プレコロナ)と後(ポストコロナ)では、世界はどのように変化するのでしょうか? それに伴い私たちはこれからどのように考え行動すればいいのでしょうか? 新型コロナウイルスの出現によって世界の環境が大きく変わりました。例えば今まで当たり前のように会ったり集ったりしていたことがとても難しくなりました。私たちの関係する福祉、保育、教育分野でも大きな変化があるでしょう。人と人とのコミュニケーション、その重み、その意味も違ってくるのでないかと思います。新しい保育や介護のあり方も生まれ、あるいは今までやってきた私たちの保育や介護の大切さがいっそう見直されるのかもしれません。これからどう自分を生かすかを考える契機にもなるでしょうし、何を大切にすべきかを考える時なのかもしれません。皆さんもポストコロナの大きく変わった世界を想像してみてください。その中で自分はどのように生きていくのかを考えるのは、まさに今なのです。

理事長と年長児

令和に寄せて

2006年(平成18年6月)理事会で理事長選任を受け、仲田貞子前理事長より引き継ぎ今年で14年目になります。

私事を少し顧みますと

年表

時の流れは早いもので、本年3月1日で創立89年(令和2年)を迎え、来年2021年(令和3年)には90周年を迎えることになります。歴史が長いという事は、時代や日本の国の流れと共に歩んで来たという事、その間、本当にさまざまな出来事がありました。

昭和6年開園当初、日本は富国強兵を御旗に未曽有の戦争へと向かっていきました。戦争とはむごいものです。人心は乱れ、犠牲になるのはいつも子どもたちです。食べ物、着る物、住む所なく、親や家庭と離ればなれ、衛生面にも恵まれず……そのような環境下に置かれると子ども達の成長は大きな妨げを受けてしまいます。戦争が終わり、人々が自らの生活や国の再興をかけてがむしゃらに生きる中でも、多くの子どもたちがそこから取り残されていったのではないかと思います。

長い歳月、様々な社会の変化の中で、法人の諸先輩はいつも、「今一番必要とされるものは何か」「今、手を差し伸べられる事は何か」「都島友の会に出来ることは何か」を考え、私たちにできる事から始めていくこと、私たち一人ひとりができることをコツコツ行動し積み上げ、それを輪として広げていく|。そうしたことが都島友の会の伝統となっていきました。

歴史が古いという事はまた、その時々に建てた建造物が痛み、老朽化していくことでもあります。あるいはその反対に、その時代時代、明日の社会に求められるものを新たにつくっていくことでもあります。日本は自然災害の多い国です。近年も大きな地震や台風、豪雨と日本列島の被害は大変でした。この間、法人はその時々に整備や補修、大修理をし、時代に即した環境整備に力を注いでいきました。

待機児童問題、高齢化社会、障がい、制度から落ちこぼれた人々…。様々な課題があり、その中で私たちの出来る地域貢献とは?社会福祉法人の役割とは?と模索し、0歳から100歳以上の皆さん全てが憩える場所を作れないだろうか、人の誕生から終活まで、その営みの中で何か一つでも私たちに支えられる事がないかと行動し、法人で頑張る職員のために働きやすい職場とは何かを考え、そのための環境づくりに力を注いできました。

年表

振り返って、毎年、よくぞここまでやってきたなと思います。もちろん私一人で成し遂げられたものではありません。大勢の皆様に支えられ、ようやく今日までやってこれました。

法人や各施設の規模が大きくなるにつれ、幸いなことに適任者に恵まれ、職員はもちろん、保護者や子どもたち、ご家族、利用者の皆様、そして地域の方々にも恵まれました。法人運営を”つかさどる“本部、理事や評議員の方々、役員の皆様、経営会議、施設長会、副園長会、主任会、さつき会、比周会、保護者会、本当に強力なご支援を頂き、ここまでこれました。

創設者比嘉正子の教えの中に、

その1 「人生は出会う恩師(人々)によってきまる」

良き人々との出会いを大切にしなさいとの意味だと理解しています。そのあとにこんな言葉が続きます。

その2 「リーダーは淋しいものだよ」

その3 「リーダーは人に先んじて苦しみ、人に遅れて楽しむんだよ」

その4 「社会は豊富に、家庭は簡素に」

その5 「国家社会、人類の共同体の尊重。恨みつらみは、己を殺す」

昨今、ふと就寝前などにこれらの言葉が脳裏に浮かび、時に自らを戒め、自らに言い聞かせます。支援し、助けてくださる人々がいても、最終決断する怖さです。

最近、ある人との会話の中でこんな言葉を耳にすることがありました。

「お元気?」「元気そうで良かったわ」「お身体どうです」「心配していたのよ」「まあ嬉しい」「ようこそ」「あら、ごめんなさい」「無理なさらないで」「大丈夫、大丈夫、心配いらないわよ」「ありがとう」 「何でもいいから、できることからコツコツと」「できるでしょ、やればできるのよ、ほらね」なんと心地よい言葉でしょう。陽だまりにいるような会話でした。ホッと一息つけ、前に進めました。

時に楽しい決断もあります。今回、都島東保育園は『ひがみや児童センター』へと名称が変わり、『こども発達サポートステーションそれいゆ』と隣接併合して出来上がったった新たな建造物、その中の大ホールを私のイメージで作らせてもらいました。

ホールの中に大きな「がじゅまるの木」があり、木の中から動物たちが顔を出しています。木枝には小さな動物たちがハンモックに乗り、小鳥たちや虫たちが豊かな葉っぱの中から顔をのぞかせます。こぼれ落ちる光、その間から小さな花が、葉を揺らす風を感じる、すれあう音が聞こえる。鳥のさえずり、動物たちの話し声、何を話しているのかな。春になると花が咲き、かぐわしい匂いがする…。何の花かな、きれいねぇ、きれいでしょう、本当にきれい!

舞台に向かって左手(西側)を開けると、大きなトランポリンが、登り棒があり、南側(後)には、春夏秋冬に咲く花と実がなります。(サクランボ、ミカン等) 右手(東側)を開けると、小さな森の中にきのこのランチルームがあり、北側トイレには、白雪姫と小人さんたちが遊んでいます。1階、2階、3階、4階、ゆっくり歩いてみてください。いろいろな風景に出会えます。これは楽しい決断というより、子どもたちと大いに楽しみたいとわがままをさせて頂きました。新しくなった『ひがみや児童センター』『こども発達サポートステーションそれいゆ』の詳細は別紙で案内させて頂きます。

時代は移り社会は変遷してもやはり社会の抱える問題は後を絶たず、新たな問題、難問が生まれてくる…。だからこそ私たちに出来ること、その一つ一つに丁寧にコツコツ取り組んでまいります。

理事長