都島友の会 創設者 比嘉正子ーその生涯を言行録とその背景から探るー

プロローグ

正子の少女時代の写真
「・・・私は沖縄に生まれた。そして、私の父は官吏志望だったのである。しかし、それに挫折した私の父は、アワモリの製造をしたり、畑に出たりして生計を立てていた。当時、沖縄からは多くの人が外国へ移民していった。その関係からか、外国の人から沖縄に来る外国文字の手紙が多かったのである。官吏志望で、しかも士族の出身であった私の父は、村の人宛のそのような手紙を解明してやったりしていたのである。こういう父の、村の人たちに対する善意、いわばヒューマニズムの精神が、今こうして振り返ってみると、私の現在を支える大きな要因になっているようである。社会のために働きたい、社会に貢献したい、という私の現在を、である。

copyright © miyakojimatomonokai all rights reserved.